Top / Research / 2015 / AdvancedMedicalEquipment / ArtificialHeart

人工心臓

EVAHEART.png

図1 EVAHEART(サンメディカル技術研究所)

世界で20万人ほどいると言われている重症心不全患者の唯一の根本治療法である心臓移植は臓器提供者が大幅に不足しています。 そこで、新たな治療法として「人工心臓」が開発されており、日本でも2011年からEVAHEART(サンメディカル技術研究所)という補助人工心臓が販売されています。

今後、補助人工心臓を装着した患者は自宅復帰や社会復帰が可能となり、運動幅が増加することから、より生体が要求する血流量変化に敏感な制御法が必要となってきます。しかし、補助人工心臓の制御法と生体反応の関係には不透明な部分が多く残っており、最適な制御法は明らかになっていません。 

そこで、私たちの研究グループでは、患者の生活の質向上や心機能回復を目指した補助人工心臓の制御アルゴリズムの検討とそのためのポンプ流量推定や心拍動の推定を行っています。

シミュレーションでの検討だけでなく、模擬循環回路実験や動物実験を行うことにより、信頼性の高いアルゴリズムの開発、生体反応解析を進めています。

  1. 変化する生体に対して所望の血液循環補助を行うためのポンプ制御
  2. 補助人工心臓の心拍同期制御のための拍動推定
遠心型.gifPVループ.gif
図2 遠心型補助人工心臓の構造図3 左心室圧-容積関係
Counter: 2721, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: 2018-03-28 (水) 23:52:21 (478d)