Top / Research / 2017 / AdvancedMedicalEquipment / Radiotherapy

先端放射線治療機器

rtmachine.png
図1 放射線治療装置の例

我が国では,高齢化の進展に伴い,がんを罹患する人々が増えています. がんの治療法としては,手術や抗がん剤による化学療法がよく知られています.しかし,手術は侵襲的であり,また一般の化学療法は副作用が患部以外の広範な部位に及ぶことがあります.このため,これら治療法は体力面で利用しづらい場合があります. 一方,放射線治療は,非侵襲かつ副作用を局所に抑えることができます.またその治療成績は肺がんの場合で手術に匹敵すると報告されており,その利用拡大が望まれています.

放射線治療の治療効果は,治療対象である腫瘍に十分な線量の放射線を照射することで向上します.同時に副作用低減のため,腫瘍周辺の健康組織の被ばくを抑制しなくてはなりません.治療効果向上と副作用低減の両立は,腫瘍のみへの正確・精密な照射により実現されます.

正確な照射のためには,腫瘍位置の把握が不可欠です.治療中にほとんど動かない腫瘍については,その位置を事前に計測し,精密照射する方法が実用化されています. 一方,腫瘍位置が呼吸により時々刻々と移り変わる肺がんなどでは, 腫瘍位置をリアルタイムに画像計測する技術,計測から照射までに生じる時間遅れを補うための未来の腫瘍位置を予測する技術が必要となります. 本研究グループでは動き続ける腫瘍へ放射線を精密照射する「追尾照射」を実現するため,腫瘍位置計測・予測技術の開発に取り組んでいます.

prediction.gif
図2 肺腫瘍位置の未来予測の様子
  1. 過去の肺腫瘍位置データから将来の肺腫瘍位置を高精度に予測する技術
  2. MV X線画像を用いた腫瘍位置計測
  3. 画像特徴点に基づく肺腫瘍位置の追跡
  4. 追尾放射線治療のためのバイオフィードバックを用いた呼吸誘導システムに関する研究
Counter: 440, today: 1, yesterday: 4
Last-modified: 2018-03-28 (水) 23:58:08 (201d)

添付ファイル: fileprediction.gif 103件 [詳細] filertmachine.png 103件 [詳細]